ネコニーの仮想通貨ブログ(脱糞)

初心者から上級者まで見れる仮想通貨ブログです。ポジトーク多めです。

本日の仮想通貨の値動き今後の予測

こんばんわ!

ネコニーです!

f:id:necocats:20180104213346p:plain

 

本日は100万円ほど溶けてしまい発狂しました!!

たまにふざけますが、真面目な記事も書いていきますw

まずは本日の値動きから!

f:id:necocats:20180112005055p:plain

ご覧の通りBTC1月12日0時51分現在、174万程度を推移しており、昨日と比べて下落しました。

 

こうなった背景として、大きな要因が三つ考えられます。

一つ目は中国のマイニング規制(電力規制)について。

マイニング規制というよりも、正確には電力の規制らしいです。

仮想通貨のマイニングは非常に大きな電力を消費します。

POWのコインに関してこれこそ価値の源泉となるわけです。

簡単に言うと、1btcを採掘するのに今のビットコインの価格より電気料金が高くなるようだと、誰も採掘しませんよね?安すぎるとみんな全力でコインを採掘するわけなので、誰でも簡単にコインが手に入るようだと価値が薄くなります。

つまり、高くなりすぎず安くなりすぎないように、ビットコインを採掘する難しさが一定期間で難易度調整されているのです。

電気料金と信用+人件費など諸経費こそが価値の裏付けになるものだと思ってください。(すごい適当な回答)

詳しくはきちんとググったほうがいいと思います。

 

つまりビットコインを採掘するのは膨大なエネルギーを消費します。

どっかの国の電気の消費量に値すると言われるくらいです。

中国では非常に多くの電力が使われており、国も放っておけないレベルになったのでしょう。

電気が使えなくなると当然採掘はできません。

中国のマイナーが一度にできなくなる(少なくなる)とビットコインが採掘されず、送金ができなくなる(非常に遅くなり、送金詰まりが発生する)ことになります。

また、採掘するには膨大な電気が必要で、採掘する難易度は高いままの状況になるため、採算が取れなくなり、マイナーは採掘をしなくなります。

次の難易度調整は1月13日とのことです。

もしこの日までにビットコインを採掘している人がガンガンビットコインを採掘し、難易度を上昇させ、13日以降に中国が急に規制を行った場合、難易度が高く採掘されないため、誰も掘らなくなるでしょう。

そうなると次のディフィカルティ調整の日まで送金が非常に遅くなり、最悪使い物にならなくなります。

ビットコインキャッシュの場合、すぐに難易度調整ができるようにできているのですが、ビットコインに関しては次の調整日までできません。

 

採算が取れないとなるとどうなるか?

ビットコインを採掘していたマイナーはより利益率の良いビットコインキャッシュに移動します。

したがってビットコインキャッシュの価値が上がり、ビットコインの価値が下がるわけです。(BTCがBCHに吸われるでしょう)

僕はこれを懸念しており、ビットコインの割合を下げ、ビットコインキャッシュに移しました。

リップルもまだ大丈夫だろうと思いビットコインキャッシュに移したわけです。(結果死にました)

何度か似たようなことがあったり、BCH派がBTCをつぶそうと仕掛けたことがあります。

BTCを龍とたとえて、それを殺す。

すなわちドラゴンスレイヤーと呼ばれました(笑)

過去にBCHが暴騰したときのチャートをご覧ください(ビットレックスより)

f:id:necocats:20180112011021p:plain

 

上ひげの付いているところ分かりますか?

ビットコインに対して0.4btc以上の価値になったりしていますね。

他の取引所だと0.5とか0.6になっているのを見たことがあります。

すさまじい暴騰だと思いませんか?

それと同時にBTCも価格が非常に下落しました。

 

マジでBCHが基軸になってしまうのではないか?

 

と思われた方も多数いたと思います。

 

僕は今後も基軸をBCHが奪うとは思っていません。

 

しかしBTCとBCHはともに伸びていくと思います。

 

ちなみにBCHが伸びたとき大体アルトも吸われます。

 

気を付けてくださいね・・・

 

まずは中国マイナー(電力)規制といった観点から見ると、こういった経緯でBTCが危ない・・BCHがあがるのでは?ということで価格が下がったというのが1点。

 

二点目は韓国のニュースです。

韓国で取引所が全て取引停止になるのでは?という懸念からの下落です。

どちらかというとこちらの方が今回の暴落に影響があると思っています。

国が動き出したという話ですが、まだあいまいな部分があり、法務省がNGだしたが経産省とは話ができてないなど情報が錯綜しています。

ご存知の通り韓国は民意の国(笑)なので、いきなり禁止にすることは国民が絶対に許さないでしょう。

韓国はギャンブルや投資などあまりできる機会がなく、こういったものが非常に好きです。

国民がものすごく熱狂しており、特にリップルが好まれています。

これをいきなり全面規制なんかにすれば彼らは暴動を起こすでしょう。

実際に訴えるみたいな動きも出ているみたいです。

個人的には全面停止は今後もないと思っていますが、まだこれからの動きも注視してください。

seiyaさんと裏で話してましたが、韓国からバブルが崩壊する。ということも十分に考えられるということです。

 

ここからは少し僕の主観が強い話になります。

流す形で聞いてください。

今回なぜこのようなことが起こったのか僕なりに考察してみます。

 

韓国ではプレミアム(他の国と比べて仮想通貨の価格が高い)が非常に高く、一時は50パーセントも高かったとの話もあります。(現在でも40パーセントくらい?)

海外との剥離を見ているとすさまじくリップルビットコイン、その他のコインも高いですよね?

今回調査に入ったのは大手のbithumbともう一社です。

昔から韓国の取引所は黒いうわさがあり、例えばリップルが暴騰すると確実に落ち、落ちている期間になぜか売られる。仮想通貨が暴騰するとほぼ鯖落ちします。

これは僕もリアルタイムで見てきました。

去年の5月リップルが暴騰した際、案の定bithumbは落ちました。

当時50円でやべえ・・・と言われた時代で、韓国だと確か100円近くをつけてたはずです。

80円くらいで買ったあと、サーバーが落ち、ユーザーは売り買いできない状況になりました。

その後、なぜか売れないはずなのにどんどん価格は落ちていき、当時ではありえない80円掴み勢が多発しました。(今のレートで例えると800円掴み勢がいるレベル)

韓国人はカカオトークなどでグループを組み、訴えるか!!!など熱くなっていたのを覚えています。

他にもいろいろ黒い話もあり、被害を訴える韓国人が多かったのではないか?という僕の妄想です。

あまりにも多いから国が動き調査・・・だから法務省が動いたのでは?

 

と。

実際の韓国の動きをこれから注視してください。

とりあえずは全面禁止というのは今のところなさそうですけどね。

 

最後はビットコインETF申請取り下げ。

これは失望した人多かったのではないでしょうか?

ただ、詳しく調べてないので何とも言えないですが、弱小所が申請したからアウトだったとか。。。(そりゃそうだろう)

もし、大手が申請して、それが落ちたらやばいのでは?と思います。

まだまだ焦る時期ではないでしょう。

 

以上3点の大きな下落要因のニュースがありました。

 

僕個人的な意見では、これだけ大きいニュースがあったのに160万にすらいかない。

すぐに落ち着いて上を目指すだろうという楽観的な意見です。

昔だったらもっとすさまじい大暴落になっていたと思います。

例えばBTCがBCHとHFする!!(当時は価格が二つに分けられるものだと思われていた)といった時もパーセントで言うとかなりの暴落が起きました。

俗にいう8月1日問題です。

 

今やハードフォークはボーナスゲームですからねw

 

このくらいの値下がりというのは、下げにしては弱いと思います。

このニュースを耐えることができた・・・

ここからは買いではないか?と思っています。

後は1月13日以降どうなるか。

噂では15日前後に何かある・・・という話をネットで聞きます。

bchがまた暴騰するのか?

この辺だけは注意深く相場を見てください!

 

少し長くなりましたが、ためになったらいいな!と思います!

ありがとうございました!